債権の管理

何か有る前に企業信用調査をしっかりとしておきませんか?自社に合った調査をしてくれるのでより正確な情報を調査してもらえるんです。

与信管理という言葉をご存知でしょうか?
それは、会社で商売をする上で必ず抑えておかなければならない内容です。

与信管理とは、会社間の取引における、支払いに関するリスクマネジメントと言い換えることもできます。
もう少し噛み砕いて言うと、クレジットカードの使用限度額の設定の際に行われる一連の流れにも似ています。
まずは、カード利用者の稼ぐ力をみます。それから、現状の利用状況なども見ながら、使用限度額をカード会社が決定します。
そして、その限度額内で、利用者はカードを使用するので、毎月の回収業務がでてくるわけです。

この時の、流れを企業に置き換えると、稼ぐ力をみるのに使うのが会社信用情報です。会社信用情報は、興信所などで手にいれます。また、自社の営業マンから会社信用情報を仕入れることも多いです。与信管理で特に重要なのは、この会社信用情報です。

通常の企業間取引では、現金取引はありませんから、どうしても支払いは後払いになります。
この後払いでの取引では、売掛金というものがでてきます。売掛金は、売掛金のままでは、現金化されません。
取引先があとで、互いの取り決め通りに、きちんと決済条件どおり支払いをする必要があります。

売掛金は、別称で売掛債権と言います。
この売掛債権が、きちんと債権回収できるように管理することを与信管理と呼ぶわけです。
売掛金が回収不能になってしまうと、不良債権が発生することになります。

Copyright(C)2013 与信には、色んな角度の会社信用情報が必要です。 All Rights Reserved. Lampen